2017年05月09日

スバル 新型 プレオプラス 発売

スバルは、新型プレオプラスを、5月9日に発表、発売しました。

プレオプラス F スマートアシスト.jpg

プレオプラス G スマートアシスト.jpg

ダイハツのミライースのOEMモデルとなる新型プレオプラスは、"セイフティ & スマート & スモール"を商品コンセプトに、通勤や買い物といった日常の足になくてはならない存在として、軽自動車を使うユーザーをイメージし、みんなが安全に乗れる合理的で賢い車を目指し開発されました。

これまでの優れた燃費性能を維持しつつも、クルマとしての基本性能にさらに磨きをかけることで、スバルがユーザーに提供する価値である安心と愉しさをさらに高めています。

安全面では、スマートアシストVのステレオカメラの採用により、物体を認識する性能が大幅に向上し、歩行者に対しても衝突回避ブレーキが作動するようになりしました。
さらに軽自動車では初となるフロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーを装備し、後進時に歩行者や障害物の接近を知らせる機能が追加されました。

軽自動車初となるスイッチ式リヤゲートオープナーの採用により、荷室の使い勝手が向上しています。
また外観はLEDヘッドランプの採用やシャープな立体造形フォルムにより先進感を表現し、内装はブラック化を施し質感を高めることで、車としての仕立ての良さを実現しました。

また、最大で80kgの車両軽量化により、スムースな加速を実現、加えて燃費低減に効果的なアイテムを装備することで実用燃費を向上させています。

走行性能の面では、新ボディ構造の採用により軽量化と高剛性を両立させ、操縦安定性や乗り心地、静粛性を向上させました。
L スマートアシスト、G スマートアシストでは、フロントサスペンションのダンパーシリンダーのサイズアップや、リヤダンパーのロア側ブッシュを新開発することで、上級グレードにふさわしい操縦安定性と乗り心地を両立しています。

また燃費性能のめんでは、高張力鋼板の拡大採用と、リヤゲートやフロントフェンダー、燃料タンク等の素材を鉄から樹脂に変更することで、従来型比で最大80kgの軽量化を実現、さらに省電力LEDランプや新開発タイヤの採用、空力性能の向上により、実用燃費向上と全車でエコカー減税制度の免税適合基準を達成しました。

新型プレオプラスの特徴

・スマートアシストV+コーナーセンサー採用による予防安全性能強化
・一格上の内外装・走りの質感を実現する仕立ての良さ
・扱いやすさと広さを両立したジャストフィットな使い勝手
・全グレードでエコカー減税適合(免税)の低燃費を実現

価格は、¥896,400(F 2WD)〜¥1,350,000(G スマートアシスト 4WD)です。

ニュースリリース

posted at 13:00 | TrackBack(0) | スバル
この記事へのTrackBack URL