2016年12月15日

マツダ  新型 CX-5  発表

マツダは、新型CX-5の予約受付を12月15日より開始することを発表しました。

マツダ CX-5 XD L Package.jpg

なお、販売開始日は2017年2月2日の予定です。

新世代商品群として初めてのフルモデルチェンジとなる新型CX-5は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのユーザーを笑顔にするSUV」をキーワードに、いまマツダがもつデザインと技術のすべてを磨き上げ、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVです。

デザインは"洗練された力強さ"をキーワードに掲げ、"魂動(こどう)-Soul of Motion"のコンセプトをより高い次元へと昇華させることに挑戦し、つややかさと精悍さを融合させた外観と、すべての乗員が心地よさを感じられる内装に進化させました。

またボディカラーには「魂動デザイン」の造形を質感高く際立たせる新開発の"ソウルレッドクリスタルメタリック"を初めて採用しました。

また新型CX-5では車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を搭載するなど、ドライバーの意のままのパフォーマンスフィールと、優れた静粛性や乗り心地など同乗者の快適さを両立する走行性能を実現しました。

さららにマツダ国内仕様車として初採用となる、マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)による0〜100km/hの間での追従機能など、安全性能やヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の領域でも大きく進化をしています。

CX-5に採用されたエンジンは直列4気筒DOHC2.0リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.0」、直列4気筒DOHC2.5リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」、直列4気筒DOHC2.2リッター直噴ディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の3種類で、
トランスミッションは6速ATを採用し、全8モデルをラインアップしています。

SKYACTIV-G 2.0は、13.0の高圧縮比やキャビティ付ピストン、4-2-1排気システムなどにより、優れた燃費性能と力強い中低速トルクを実現しています。

SKYACTIV-G 2.5は、実用燃費性能を高めるため、ピストンのオイルリングに上下非対称形状を採用し、ピストン周りの油膜の厚さを最適化し、機械抵抗を大幅に低減して燃費性能の向上に貢献しています。

SKYACTIV-D 2.2は、アクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」、ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」、ノック音の発生そのものを極限まで抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用することにより、走りの滑らかさと静かさが深化しています。

オートマチックトランスミッションSKYACTIV-DRIVEは、車速やアクセル開度、エンジン回転数などからドライバーの操作の意図を読みとってシフトする新しい変速制御を採用し、コーナリング中やコーナーを立ち上がるときの不要な変速を抑えることで、滑らかな挙動を実現しています。

価格は、¥2,462,400(20S 2WD)〜¥3,526,200(XD L Package 4WD)です。

ニュースリリース

posted at 00:00 | TrackBack(0) | マツダ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449355610