2017年01月17日

フォルクスワーゲン 新型ティグアン 発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUVティグアンを、およそ8年ぶりにフルモデルチェンジ し、1月17日から発売開始しました。

New Tiguan.png

今回導入するグレードは、クラスを超えた先進安全技術と快適装備を標準装着するティグアンTSIコンフォートライン(Tiguan TSI Comfortline )と
先進装備をさらに充実させたティグアンTSIハイライン(Tiguan TSI Highline)
そして専用の内外装を備えたティグアンTSIアールライン(Tiguan TSI R-Line)の全3グレードです。

フォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用した新型ティグアンのボディサイズは、全長4,500mm(従来型比+70mm)、全幅1,840~1,860mm(同+30〜+50mm)、全高1,675mm(同−35mm)と、前モデルに比べてより長く、より幅広く、より低くするとともにホイールベースを70mm延長させたことで、よりスタイリッシュでスポーティなプロポーションと広く快適な室内空間の双方を実現しています。

また、インターネットとの接続性を高める機能を採用したことで、最新の情報による目的地検索や最適なナビゲーション機能が強化され「つながるSUV」としての新しい価値を備えています。

パワートレインには、気筒休止システムの"ACT"に加え、アイドリングストップ機能の "Start & Stop システム"とブレーキエネルギー回生システムを備えたブルーモーションテクノロジー付の1.4ℓ TSIエンジンと6速DSGを採用することで、快適かつ爽快なドライビングパフォーマンスを実現するとともに、燃料消費率も16.3km/ℓ(前モデル:14.6km/ℓ)と約10%改善しています。

ティグアンの主な特徴

@ 新しい時代の「つながるSUV」(”Volkswagen Car-Net”全車標準装備)

A Volkswagen オールイン・セーフティに基づく、クラスを超えた先進安全技術・快適装備を採用

B ニューエモーショナルデザインで「より長く、より幅広く、より低い」スタイリングを実現

C 上質なインテリアと優れた使い勝手(ラゲッジスペース:615ℓ~1,655ℓ)

D ブルーモーションテクノロジー付1.4ℓ TSIエンジンと 6速DSG で燃費向上

価格は、ティグアンTSIコンフォートラインが¥3,600,000、
ティグアンTSIハイラインが¥4,332,000、
ティグアンTSIアールラインが¥4,632,000 です。

プレスリリース

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449208985