2017年02月15日

トヨタ プリウスPHV  フルモデルチェンジ

トヨタは、家庭の電源などで充電できるプリウスPHV(プラグインハイブリッド車)をフルモデルチェンジし2月15日に発売しました。

プリウスPHV「A」.jpgダブルバルブウインドウ.jpg

新型プリウスPHVは、「プリウス」の特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車EV(電気自動車)らしい力強くスムーズな走りを実現し、未来感あふれる先進装備に加えて充電の利便性も向上させいます。

PHVは、日々の通勤や買い物などではガソリンを使わないEVとして走行し、電池がなくなってもハイブリッド車として長距離ドライブを楽しむことができます。

新型プリウスPHVの主な特徴は、
・EV走行距離を従来型比2倍超の68.2kmに拡大、充電した電気が切れてもハイブリッド車として37.2km/Lの低燃費を実現
・普通充電(200Vまたは100V)、急速充電、ソーラー充電システムとニーズで選べる充電方法を採用
・トヨタ初の11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステムとDCM(Data Communication Module)により、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供

 今回あわせて、新たにウェルキャブ(メーカー完成特装車)を設定し、4月より発売予定です。
新設定の助手席回転チルトシート車は、回転したシートの座面前側を下げることにより、要介助者の乗り降りをサポートするほか、介助者の負担も軽減しています。

価格は¥3,261,600(S)〜¥4,222,800(Aプレミアム)です。

ニュースリリース
posted at 21:02 | TrackBack(0) | トヨタ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/448378574