2013年06月06日

日産 デイズ(DAYS)新発売

デイズハイウェイスタ-G130606-01-02.jpg

デイズX130606-01-01.jpg

日産自動車は6日、新型軽自動車デイズを発売しました。

デイズは日産自動車と三菱自動車が折半出資して設立した合弁会社NMKVで共同開発した新型車です。

日産デイズは、独自開発でもない、OEMでもない、ライバル企業同士の合弁事業で開発した初めての軽自動車です。
プラットホームやパワートレーンなどは共有化しながらもデザインや装備は差別化されました。

6日は日産(デイズ)と三菱自(eKワゴン)がともに新型車発表会を行うという稀な一日となりました。

デイズの発表会を行った日産の志賀俊之最高執行責任者(COO)は「デイズはMNKVを通じて両社の英知を結集して作り上げたクルマ」と協業成果を評価しました。

 

新型日産デイズは、日産が企画から関った初の軽自動車であり、新開発の3気筒エンジンと副変速機付CVT、軽量ボディによって軽ハイトワゴンナンバー1の低燃費29.2km/L(JC08モード)を実現しています。
これにより、自動車取得税及び自動車重量税が免税となります(「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による)。

また、躍動感溢れるエクステリアと上質なインテリアに加え、軽自動車初となるアラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコンを採用するなど、軽自動車として今までにない快適性と利便性を提供しています。
さらに紫外線を99%カットするフロントドアのスーパーUVカット断熱グリーンガラスやエマージェンシーストップシグナル、コンフォートフラッシャー、ドアロック連動自動格納機能付 電動格納式リモコンカラードドアミラーなど、快適装備も充実させています。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE」を二本柱とした、CO2排出量の削減に取り組んでいますが、新型 デイズも「PURE DRIVE」の1モデルとなります。

新型 日産「デイズ」の主な特長は以下の通りです。

・軽ハイトワゴンNo.1*1の低燃費
・今までの軽自動車にはなかった躍動感あふれるエクステリアと上質なインテリア
・行動の幅を広げる先進利便装備

価格は¥1,067,850(2WD J)〜¥1,725,150(4WD ライダーハイウェイスターGターボベース)です。

ニュースリリース

posted at 12:00 | TrackBack(0) | 日産
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/369354401