2006年11月27日

メルセデス・ベンツ CLクラス フルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツの最高級ラグジュアリークーペCLクラス「CL 550」「CL 600」が、7年ぶりにフルモデルチェンジされました。

メルセデス ベンツ CLクラス

新型モデルのスタイリングは、優雅に弧を描くルーフラインとシャープなサイドキャラクターラインがコントラストを織り成す一方、ベンツ・クーペの伝統の前から後ろまで連続した開口部をもつ開放的なピラーレスサイドウインドウや、繊細なCピラー、大きな曲面を描くリアウインドウなどが、独特の存在感と優美さを強調しています。

先代モデルと比べるとボディーサイズは、全長で75mm、全幅で15ミリ、全高で20mm拡大され、ホイールベースも70mm延長され、見た目に分かるほど大きくなりました。
その結果、室内の居住性はいっそう高まり、トランクルーム容量も40L広くなっています。

インテリアは、ソフトな風合いのセミアニリンレザーシートや光沢感のあるウッドパネル、アルミやクロームを随所に配した加装により上質感が演出されています。

機能面では、8インチ大型ワイドディスプレイやHDDナビゲーション、パーキングアシストリアビューカメラなどの操作をアームレスト前部のダイヤル式コントローラーに集約した「COMANDシステム」を採用して、直感的に扱える使い勝手の良さとシンプルなインテリア空間が追求されています。

搭載エンジンは、CL550が最高出力387ps、最大トルク54kg-mの5.5リッターV8 DOHCで、CL600が517ps、84.6kg-mの5.5リッターV12ツインターボチャージャーです。
それぞれ新開発の「電子制御7速A/T、7G-TRONIC Sport 」と「電子制御式5速AT」が組み合わされました。

シャシー面では、進化した電子制御油圧サスペンション「ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)」を採用し、スムーズな乗り心地と高い操縦安定性の両立が図られています。

安全面では、事故の発生を予見して衝突までの一瞬に乗員保護態勢を整える「PREーSAFE(プレセーフ)」や雨天時のブレーキディスクの水膜を除去し制動距離を短縮するドライブレーキ機能や、ドライバーがアクセルペダルから急に足を離したことを検知し、急制動に備えるプライミング機能、ブレーキペダルを踏み続けたり駐車ブレーキを効かせなくても停止状態を維持するホールド機能などを備えた「アダプティブブレーキ」など多彩な安全装備を採用ています。
また、夜間走行時に赤外線映像を用いて障害物を早期に発見する「ナイトビューアシスト」を標準装備しました。

価格は、CL550(ハンドル左右)が¥15,200,000、CL600(ハンドル左)は¥19,700,000です。

プレスリリース

カーラインアップCL-Class

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28830845