2006年11月07日

スズキ 新型セルボ 発売

セルボ T

Fit On My Style(乗ること、持つことへの心の充足感)をコンセプトに開発されたスズキの新型軽乗用車「セルボ」が、98年10月の軽規格改定で廃止した車名を8年ぶりに復活させ、11月7日から発売されました。

新型セルボは、近年増加傾向にある軽の男性ユーザーや、単なる生活志向の車選びに飽き足らない女性ユーザーをターゲットにしたクルマで、

セルボ TX

スタイリッシュでスポーティー、従来の軽自動車にない力強い存在感と上質感のあるデザイン、走りの快適性、運転する楽しさを感じさせるクルマとしての高い走行性能、日常生活での使いやすさ、利便性を追求した装備やユーティリティーを特徴としています。

エクステリアは、一目で新型「セルボ」と分かる個性的で存在感の強いフロントフェイス、 リヤ回りは立体的かつスポーティーで洗練された印象とし、斬新で存在感の強いデザインになっています。

インテリアは、メーターの上に膨らみを持たせた左右非対称のダッシュボードを採用し、コクピット感覚を追求しています。
また、リーフ柄を用いた内装トリムやメッキリング付きのインスツルメントパネルにより、質感の向上も同時に図られています。

搭載エンジンは、低中速域で力強いトルクを発揮するK6A DOHC Mターボエンジン(「T」「TX」)と、軽快かつ経済性に優れた走りを実現する、VVT(可変バルブタイミング機構)を採用したK6A DOHC NAエンジン(「G」)の2種類で、
全車にゲート式のフロアシフト4ATが採用され、ターボ車(T、TX)にはシフトレバーを前後に操作するだけでシフトチェンジが可能な、マニュアルモード付4ATを採用して、 走る楽しさが追求されています。

フロントサスペンションにスタビライザーとウレタン製のバンプストッパーを採用するとともに、前後サスペンションのバネ定数や減衰力特性を最適にチューニングすることで、直進安定性・優れた操縦安定性ならびに、快適な乗り心地の両立を実現しました。

装備面では全車に、携帯リモコンを身に付けているだけで、ドアロックの施錠・解錠、エンジン始動ができる便利なキーレススタートシステムが装備されたほか、軽自動車初の「対応ハンズフリー装置」が上級2グレード(T、TX) に設定されました。
ブルートゥース対応の携帯電話であれば、あらかじめ登録しておくことでポケットやバッグに入れたままハンズフリーで通話が可能です。

安全面では、歩行者傷害軽減ボンネットの採用や後席乗員保護のためリアシートバックの強度を高め、国土交通省の定める荷室強度に関する法規(2007年7月施行予定)に先行対応しています。

ボディカラーは、夜景をテーマした新色の金(ビーナスゴールドメタリック)及び紫(ジュエルパープルパールメタリック)を含む、全7色が設定されました。

価格は、¥1,037,400(G 2WD)〜¥1,375,500(TX 4WD)です。

ニュースリリース

posted at 20:03 | TrackBack(1) | スズキ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27964584

セルボ(Cervo) 新型セルボ8代目・デザインの秘密
Excerpt: スズキのセルボが8年ぶりに復活しましたね。円弧をモチーフにしたデザインが話題になって ...
Weblog: 自動車トピックス - 新車・中古車
Tracked: 2006-12-08 23:41