2006年10月25日

フォルクスワーゲン 新型カブリオレクーペEos (イオス)

フォルクスワーゲンとしては初の電動リトラクタブルハードトップを持つ全天候型のカブリオレクーペEos (イオス)が、いよいよ10月31日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売されます。

Eos (イオス)

イオスはカブリオレ、クーペ、ガラススライディングルーフの3つの役割をこなすルーフがその最大の特徴です。世界初の5分割式ルーフシステムは、わずか25秒で開閉し、天候や場所に応じてフルオープン、クローズドクーペとして楽しめるほか、チルト機構付ガラススライディングルーフ搭載車としても活躍します。

イオスの特長の第1としても挙げられる電動リトラクタブル(retractable―収納可能)ハードトップは、ハードトップが電動で開閉するだけでなく、クローズ状態で、一般的なサンルーフのようなチルト動作を含む、ガラススライディングルーフとしても使えることです。
オープンかクローズの2つの状態しか選べない既存の電動ルーフを持つオープンボディとは異なっています。

また、快適な居住性という点でも、ルーフを全体で5分割にすることで、ルーフ面積が増え、フロントガラスが適度な短さになります。
このため、オープンタイプのクルマにありがちな、乗降時に長く上に張り出したフロントガラスのAピラーにドライバーの頭が当たるということも少ないということです。

「イオス」の車名はギリシア神話に登場する「暁の女神」である“EOS”に由来します。

ボディーカラーは、シルバーエッセンスメタリック、キャンディホワイト、ディープブラックパールエフェクト、サモアレッドパールエフェクト パプリカレッド、ポーラーシーブルーメタリック の全6色が設定されました。
オプションで、ボディー色に合わせた特別色の上質本革シートを選ぶこともできます。

価格はEos 2.0T(FF、6速DSG、右ハンドル)が¥4,380,000、Eos V6(FF、6速DSG、右ハンドル)が¥4,980,000です。

ニュース

この記事へのTrackBack URL