2006年10月23日

トヨタ オーリス 新発売

トヨタの新型5ドアハッチバック「オーリス“AURIS”」が、10月23日から発売されました。

オーリス150X

新型車オーリスは、新型1.8Lと1.5Lの二つのエンジンバリエーションを持ち、日欧統一名称の戦略車として新規開発されました。同じクラスのカローラ店販売車「カローラランクス」とネッツ店の「アレックス」は廃止され、後継車種としてネッツ店の専売車種に切り替えられました。

オ−リスは、コンパクト2ボックス「ヴィッツ」(欧州名=ヤリス)の上位車種と位置付け、「直感性能」をテーマに開発されています。
見た瞬間、走り出した瞬間に、魅力のすべてが実感できる、際立つ個性と優れた走行性能を備えることで、従来のコンパクトカーの概念を超えています。

AURIS(オーリス)とは、英語で「独特の雰囲気」の意味の“AURA”からの造語で、際立った存在感のクルマを意味します。

新型車オーリスの主な特長は、欧州でデザインした存在感のあるエクステリアと、斬新で機能性の高いインテリアです。
トヨタ車のデザインフィロソフィー「VIBRANT CLARITY(活き活き・明快)」に基づき、欧州デザイン拠点である仏ニースのEDが手掛けたエクステリアは、遠くからでも一目で分かるショート&ワイドで個性的なフォルムになっています。
乗り込んだ瞬間に感じる先進性と上質さ、走りの予感を演出するインテリアは、操作系を運転席手元に集中配置し、機能性も高め、運転が楽しくなるデザインとなっています。

パワートレーンは、新型「カローラ」に搭載した1.8L Dual VVT-iエンジン(最高出力136ps、最大トルク17.8kg-m、10・15モード燃費16.8km/L)と1.5L VVT-iエンジン(最高出力110ps、最大トルク14.3kg-m、10・15モード燃費17.6km/L)の2種類のエンジンを用意し、自動無段変速機のSuper CVT-iと組み合わされました。1.8L車は7速スポーツシーケンシャルシフトマチックが採用されています。

プラットホームは「RAV4」「エスティマ」のプラットホームをベースに新しく開発されました。先代のアレックスに比べて全長が45mm、全幅が65mm、全高が35mm以上拡大されて3ナンバー車になりました。

ボディサイズを一回り大きくした分、ミディアムクラスに匹敵する室内空間が創出され、前後席間の距離は905mmでクラストップレベルとなっています。

駆動方式はFFと4WDを設定し、サスペンションも新設計されました。欧州各国の道路やサーキットコースで走り込みを行い、チューニングを重ね、安定感のあるハンドリングとフラットな乗り心地、軽快な走りを実現しています。

価格は、¥1,622,250(150X Super CVT-i 2WD)〜¥(180G“S-package” Super CVT-i 4WD)です。

ニュースリリース

posted at 14:25 | TrackBack(3) | トヨタ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26075985

トヨタから「オーリス(アレックス/カローラランクス後継)」発売!
Excerpt: 新型カローラが10月10日に発売され車名が「カローラ アクシオ」に改名されたのと
Weblog: ガリバー自動車流通研究所:所長ブログ
Tracked: 2006-10-24 21:03

トヨタ、欧州仕込みの新小型車「オーリス」発表。
Excerpt: livedoor ニュース +抜粋+  トヨタの主力量産車「カローラ」の派生車種である「カローラ・ランクス」、「アレックス」の後継として日本・欧州の2大市場に向けて新たに開発した戦..
Weblog: Shining News
Tracked: 2006-10-24 21:23

トヨタ オーリス(AURIS)
Excerpt: トヨタはオーリス3000台を販売目標としているそうで、今後の動向に注目したいですね。なんでも、トヨタにしては珍しく、見えない部分に相当な予算を注ぎ込んだそうで… ...
Weblog: 自動車トピックス - 新車・中古車
Tracked: 2006-11-12 13:35