2006年10月05日

ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジ

ダイハツの軽乗用車ムーヴが、4年ぶりにフルモデルチェンジされました。

ムーブ X 2WD

今回のフルモデルチェンジでは、プラットフォームからエンジンまで全身一新し、クラスを超えた新しい次元への進化を目指して開発が進められました。

「わたしのかろやかオールマイティ」をコンセプトとした「ムーヴ」と、「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトとした 「ムーヴカスタム」の異なった個性の2タイプが設定されました。

ムーブカスタム RS 2WD

新型ムーヴは、従来からの特徴である「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」をさらに進化させ、流麗で躍動感あふれるシルエットを実現し、洗練されたスタイリングになっています。
パッケージングは軽最大の室内長と室内幅を実現して、居住空間のゆとりを大幅に高めています。
また、ラウンジ感覚のくつろぎを演出する質感の高いインテリアが採用されています。

搭載エンジンは、ツインカムDVVT3気筒自然吸気エンジン「KF-VE型」(58ps/6.6kg-m)と、ツインカム3気筒ターボエンジン「KF-DET型」(64ps/10.5kg-m)の2種類がラインアップされ、グレードによって、自然吸気エンジンは5MT、4AT、CVTの3種類の変速機と、ターボエンジンは4AT、CVTの2種類と組み合わされています。
KF-VEエンジンとCVTの組み合わせでは、23.0km/Lの低燃費と優れた加速性能の両立が達成されました。

エクステリアは、
ムーヴは流れるような美しいシルエットで、軽やかな躍動感を表現したフォルムに、
ムーヴカスタムは、4灯タイププロジェクター式ヘッドランプや大型フロントグリルにより精悍な表情を演出するとともに、エアロパーツや16インチアルミホイール(カスタムRS)により、ワイドで安定感あふれるフォルムになっています。

パッケージングについては、2,490mmの超ロングホイールベースの採用と、コンパクトなエンジンルームにより、軽自動車最大の長い室内長(2,110mm (2WD))を実現しました。軽自動車最大の室内幅(1,350mm)と合わせ、ゆとりのある室内空間が確保されました。競合するスズキ「ワゴンR」より、それぞれ26cm、5.5cm、余裕があります。

安全面では、脇見や居眠り運転による衝突事故に効果的なプリクラッシュセーフティシステムが 軽自動車として初めて採用されました。測距性能に優れたレーザーレーダーとパターン認識に優れた画像処理を融合させたセンサーフュージョン技術を世界で初めて採用して、先行車の認識性能を高め、危険度に応じたドライバーの支援と衝突時のリスク軽減を実現しています。
加えて、車載カメラを用いた車線認識により、車線からの逸脱状態を検知し、警報を発して事故を未然に防ぐ車線逸脱警報機能を軽自動車として初めて採用しました。

価格は、ムーブが¥1,018,500(L 2WD 5MT)〜¥1,359,750(X Limited 4WD CVT)で、
ムーブカスタムが¥1,165,500(カスタムL 2WD 4AT)〜¥1,674,750(カスタムRS 4WD CVT)です。

ニュースリリース

posted at 23:12 | TrackBack(0) | ダイハツ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24953386