2006年09月19日

レクサス LS460 新発売

レクサスの日本での開業から1年、LEXUSブランドのフラッグシップモデル「LS460」がついに新発売されました。海外で先行するレクサスブランドの「LS」としては4代目となります。

LS460 versionS

LS460は事実上、トヨタ セルシオの後継車、2005年の東京モーターショーで「LF-Sh」の名で出展されたモデルで、プレミアムグレードの中で世界から目標とされるクルマを目指したという野心作モデルです。

新型LS460は、LEXUSブランドの理念である「高級の本質」を追求し、“ときめき”と“やすらぎ”に満ちた時間を提供するために、乗る人の心に響くクルマづくりを念頭に開発されました。内外装デザインをはじめ、エンジン、サスペンション、ボディなど、クルマの基本性能に影響を与えるあらゆるパーツを新設計し、高級の本質を抜本から追求しています。

また事故を起こさないクルマを目指す「統合安全コンセプト」に基づく新開発の安全性能・運転支援システムを搭載しています。

   

搭載エンジンは、4.6リットルV8エンジン(最高出力385馬力、最大トルク51kg・m)で、世界初となる8速AT(8 Super ECT)と組み合わされました。

エンジンには、筒内直接噴射とポート噴射の二つの燃料噴射システムを走りに合わせて統合制御する燃料供給方式(D-4S)とそのポテンシャルを最大限に引き出すためにDual VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)の吸気側にモーターで作動する世界初のVVT-iE(電動連続可変バルブタイミング機構)が採用され、最適なギヤ段とエンジントルクを同時に制御する8 Super ECTとのマッチングにより、クラストップレベルの低燃費とクリーンな排出ガス(9.1km/Lの燃費性能(10.15モード燃費)と、平成17年度排出ガス基準75%低減レベルを達成)を実現しています。

またステアリング操作に対する前輪の切れ角を車速に応じて最適に制御するシステムVGRSによって様々な条件下におけるステアリングフィールと操舵応答性の向上が図られました。駐車場などを低速走行する際は少ないハンドル操作でタイヤの切れ角を大きくする一方、高速走行時にはステアリングギア比を変え、安定した操舵感を保つよう設計されています。

安全性能の面では、ミリ波レーダーとステレオカメラを併用することで、停止車両などの障害物ばかりでなく、歩行者も感知。衝突の危険が高まると、警報ブザーやブレーキングなどでドライバーに危機を知らせてくれる「プリクラッシュセーフティーシステム」がオプション設定できます。
非常時にはタイヤの切れ角を大きくするほか、ドライバーの顔の角度も常時監視、正面を向いていない場合は通常よりも早めに警報を鳴らすというすぐれものです。

また、ミリ波レーダーはリアバンパーにも装備され、追突しそうな勢いで後続車が接近してきた時にはハザードランプで警告を発し、さらに急接近を続けた場合にはシートの運転席のヘッドレストが前方に移動するなど衝突に備え、ドライバーを保護してくれます。

販売されるモデルは、当面は4.6リッターV8搭載の「LS460」のモノグレードのみの設定で、それをベースとした5タイプのパッケージオプション装着車が用意されています。

トヨタは、2005年8月にレクサスブランドを国内導入し、「GS」「SC」「IS」のシリーズを順次発売してきましたが、今回「LS」が加わることで、国内レクサス車のラインアップが完成したことになります。なお2007年春には、5リッターV8にモーターを組み合わせたハイブリッドシステム搭載車の「LS600h」と同ロングボディー「LS600hL」が導入される予定です。

価格は、¥7,700,000(LS460)〜¥9,650,000(LS460 version U・I package)です。

ニュースリリース

posted at 16:17 | TrackBack(0) | レクサス
この記事へのTrackBack URL