2006年07月13日

ホンダ ストリーム フルモデルチェンジ

ホンダの7人乗りコンパクトミニバン「ストリーム」が2006年10月の初代モデル投入以来、約6年ぶりにフルモデルチェンジされ、7月14日から発売されます。

ストリームX(FF)

二代目となった「ストリーム」は5ナンバー枠に収まるボディサイズを維持したまま、ホンダ得意の低床化技術を導入した結果、先代と比べて全高が45ミリ低くなり、まるでクーペを思わせるようなスタリングに仕上がりました。

ストリームRSZ(2.0L/FF)

ホイールベースも20ミリ延長され、2列目と3列目シートの間隔が30ミリ広げられ、サードシートの居住空間が拡大することにより、座り心地が格段に向上しています。
2列目シートは「ウォークインスライド機構」を採用し、簡単な操作で3列目に座ることができるようになっています。

搭載エンジンは、新開発の「i-VTEC」エンジンで、1.8リッター(140ps/17.7kg-m)、2リッター(150ps/19.4kg-m)の2種類で、旧モデルの1.7リッターから排気量をアップすることで、余裕ある動力性能を確保すると同時に、クルーズ走行時に吸気バルブの吸気タイミングを遅らせることなどで、燃費性能の向上も図られています。

トランスミッションは、5AT、CVTをそろえたほか、上級グレード「RSZ」ではパドルシフトが導入され、マニュアル車のような自在な変速が楽しめるます。

ボディー構造は、軽量さ、強度の点で優れるハイテン材を多用して、剛性を高めると同時にボディー重量が約10キロ軽量されました。

グレードは標準タイプの「X」(1.8L)、「G」(2.0L)に加え、従来のアブソルートに代わるスポーツグレードとして「RSZ」が両モデルに設定されました。

環境面では、全タイプで「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」(4ツ星)の認定を取得し、FF車では「平成22年度燃費基準+10%レベル」を達成しています。
また安全面では、運転時の負荷を軽減する車速/車間制御機能や追突の危険性を判断してドライバーに警告、追突軽減ブレーキを作動させる機構など、先進の安全装備も搭載されました。

価格は、¥1,806,000(X FF)〜¥2,541,000(RSZ 2.0 4WD)です。

プレスインフォメーション

posted at 18:34 | TrackBack(0) | ホンダ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23551909