2006年01月24日

三菱 i(アイ) 新発売

「リヤ・ミッドシップレイアウト」のユニークな新開発プラットホームを採用した、三菱の新型軽自動車「i(アイ)」が発売されました。

リヤ・ミッドシップレイアウト

軽自動車の新時代を切り拓く革新的なプレミアムスモールを商品コンセプトとして、「デザインと居住性」、「居住性と衝突安全性」という二律背反するテーマを高次元で克服するために、エンジンを車体後部、後輪車軸の前に置く「リヤ・ミッドシップレイアウト」を採用して、軽自動車という限られたスペースにもかかわらず、「未来的で上質なスタイリング」、「軽快なハンドリングと快適な乗り心地」、「全方位からの優れた衝突安全性」という3つの革新を実現しました。

i(アイ)「M」

外観は、「リヤ・ミッドシップレイアウト」を活かした特徴的なワンモーションフォルムを基調に、ボディの四隅に配置した大径(15インチ)タイヤで力強さと安定感を表現し、前後ランプなど各部のシャープな造形とあわせて、斬新で知的ながらも親しみやすいスタイリングになっています。

フロント部分にエンジンが無いため、前輪を最大限前方に配置することで、従来の軽自動車の常識を超えるホイールベース(2,550mm)を実現し、コンパクトカー相当の居住スペースと荷室スペースが確保されています。

搭載エンジンは、現在の軽自動車用エンジンでは唯一の、吸気側連続可変バルブタイミング機構とインタークーラー付きターボチャージャーとを組み合わせた「新開発アルミ製DOHC12バルブMIVECインタークーラーターボエンジン」で、高性能と低燃費、低排出ガスを両立しています。(ターボ搭載車でありながら、平成17年排出ガス基準50%低減レベルと平成22年度燃費基準を達成)

グレードは、「S」、「M」、「G」の3タイプで、それぞれに2WDと4WDが設定されています。
ボディカラーは、「i(アイ)」専用に開発した、シックかつモダンな新色「ジンジャーブラウンメタリック」「アッシュグレーメタリック」を含む全8色です。(3月にホワイトパールが追加予定)

価格は、¥1,281,000(2WD S)〜¥1,617,000(4WD G)で、軽の中では高めの設定ですが、コンパクトカーからのダウンサイジング需要と、ベーシックな軽自動車からのアップグレード需要を取り込む狙いだと思われます。
ノンターボ版は10月に追加される予定です。

プレスリリース

posted at 15:37 | TrackBack(1) | 三菱
この記事へのTrackBack URL


i
Excerpt: 三菱自動車の再生第二弾として登場の『 i 』   オフィシャル サイト エンジン等すべて新開発してかなりの力の入れようですが、 ..
Weblog: Reality Bites
Tracked: 2006-01-25 23:16