2005年12月21日

ニッサン ブルーバードシルフィ フルモデルチェンジ

ニッサンのセダン ブルーバードシルフィが5年ぶりにフルモデルチェンジされました。

ブルーバードシルフィ20M

新型シルフィは、「もてなしと気配りのラグジュアリーミディマムサルーン」をコンセプトに開発され、美しく上質なデザインとその華やかさにより、大人の女性が自ら運転したくなるクルマとなっています。
曲線が美しい「S-motion」デザインのインテリアとエクステリア、
手ざわりりがよくソファのようなシートとゆったりおしゃれに足を組める後席の心地よいもてなし、
スーパーマルチコンソール等の便利装備で前席も後席も優しくサポート、インテリジェントエアコンシステムによるきれいな空気でいつも人に優しい室内空間などが主な特徴です。



エンジンは、2.0リットルの「MR20DE」エンジンと1.5リットルのオールアルミ製「HR20DE」エンジンの2種類とし、旧型で設定していた1.8リットルエンジンは廃止されました。
「MR20DE」エンジンは、日常走行で使用頻度の高い2000rpmで最大トルクの90%を発生する扱いやすいエンジンとされるとともに、燃費が大幅に向上されています。
「HR20DE」エンジンは、中低速域トルクと静粛性の向上、低燃費を実現しています。

ミッションは、2000ccがエクストロニックCVT(無断変速機)、1500ccがE-ATx(フルレンジ電子制御4速オートマチック)で、変速レスポンスに優れた加速フィーリングを実現しています。

ブルーバードシルフィアクシス

またシルフィのモデルチェンジにあわせて、法人市場向けモデル「ブロアム」も新たに発売されました。
同時に日産自動車の関連会社オーテックジャパンから「アクシス」も新発売されました。

価格は、シルフィが¥1,785,000(15S 2WD)〜¥2,310,000(20G 2WD)、¥2,016,000(15M FOUR e・4WD)
ブロアムが¥2,415,000、アクシスが¥2,272,200です。

プレスリリース



posted at 22:44 | TrackBack(0) | 日産
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。