2005年12月02日

ホンダ モビリオスパイク マイナーチェンジ

ホンダのミニバン モビリオスパイクが外観デザインを一新するとともに、室内・荷室の使い勝手を向上させ、マイナーチェンジされました。

モビリオスパイクW(FF)

フロントバンパー、ヘッドライト、リヤコンビライトのデザインが一新され、より親しみやすいデザインとなりました。また、ステアリングホイール、メーターデザインも一新、インテリアカラーにベージュが追加されました

フロントベンチシート内臓カップホルダー&ユーティリティボックス、カーゴスポットライト、クオータースケルトンボックス、クオーターブラインドボックスなどの採用で室内・荷室の使い勝手を向上させています。

アレルギーの元になるアレルゲン等を処理する「アレルフリー高性能脱臭フィルター」をエアコンに採用して快適性の向上を図っています。



全タイプ「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★)」、「平成22年度燃費基準+5%」を達成して、高い環境性能を実現しています。

グレードは商用の廉価版を廃止し、AUとWとし、それぞれにホンダマルチマチックSに7スピードモードを採用したSパッケージが設定されました。

価格は¥1,522,500(1.5L AU FF)〜¥1,911,000(1.5L W Sパッケージ 4WD)で、
前モデルに対して8万円分の装備の追加に対して、5万円の上昇となっています。

プレスインフォメーション



posted at 13:00 | TrackBack(0) | ホンダ
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。