2017年05月12日

トヨタ ピクシスエポック フルモデルチェンジ

トヨタは、軽乗用車のピクシスエポックをフルモデルチェンジし、5月12日に発売開始しました。

ピクシスエポックG“SAV”(2WD).jpg

5月9日に発売されたダイハツのミライース(Mira e:S)のOEMモデルとして登場した新型ピクシスエポックは、搭載する直列3気筒DOHC 0.66ℓエンジンのアクセル操作に対する反応をよくしたことで、発進や追い越し時の加速性能が向上しました。
日常の買い物や通勤等の移動手段として、ストレスなく走ることができます。

また、交通事故死傷者をゼロにしたいとの究極の願いの下で取り組んでいる安心・安全機能も強化、歩行者にも対応する緊急ブレーキやオートハイビームなど先進安全機能を進化させた衝突回避支援システム"スマートアシストV"を搭載しました。

続きを読む
posted at 11:00 | TrackBack(0) | トヨタ

2017年05月09日

スバル 新型 プレオプラス 発売

スバルは、新型プレオプラスを、5月9日に発表、発売しました。

プレオプラス F スマートアシスト.jpg

プレオプラス G スマートアシスト.jpg

ダイハツのミライースのOEMモデルとなる新型プレオプラスは、"セイフティ & スマート & スモール"を商品コンセプトに、通勤や買い物といった日常の足になくてはならない存在として、軽自動車を使うユーザーをイメージし、みんなが安全に乗れる合理的で賢い車を目指し開発されました。

これまでの優れた燃費性能を維持しつつも、クルマとしての基本性能にさらに磨きをかけることで、スバルがユーザーに提供する価値である安心と愉しさをさらに高めています。

安全面では、スマートアシストVのステレオカメラの採用により、物体を認識する性能が大幅に向上し、歩行者に対しても衝突回避ブレーキが作動するようになりしました。
さらに軽自動車では初となるフロント2個、リヤ2個のコーナーセンサーを装備し、後進時に歩行者や障害物の接近を知らせる機能が追加されました。

続きを読む
posted at 13:00 | TrackBack(0) | スバル

ダイハツ ミライース フルモデルチェンジ

ダイハツは、軽乗用車ミライースを6年ぶりにフルモデルチェンジし、5月9日(火)から発売しました。

mira_e-s_170509001m.png

初代ミライースは、社会の環境志向の高まりを受け、軽自動車の意義を再度見直し、当時ガソリン車としては最高となる30.0km/ℓ、80万円を切る入り口価格を実現し、低燃費、低価格、省資源な第3のエコカーとして、2011年9月に発売し、軽自動車の新たなジャンルを切り開いたモデルです。

一方で近年ユーザーのニーズは、経済性に加え、こだわり・安心・品質といった、自分ならではの価値を求める傾向にあります。
そこで、今回のフルモデルチェンジに際し、軽自動車の本質である低燃費・低価格に加え、+αの魅力として、安全・安心を追求し、安心な運転に繋がる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム"スマートアシストV"を同車で初めて採用しました。

続きを読む
posted at 10:00 | TrackBack(0) | ダイハツ