2006年11月27日

メルセデス・ベンツ CLクラス フルモデルチェンジ

メルセデス・ベンツの最高級ラグジュアリークーペCLクラス「CL 550」「CL 600」が、7年ぶりにフルモデルチェンジされました。

メルセデス ベンツ CLクラス

新型モデルのスタイリングは、優雅に弧を描くルーフラインとシャープなサイドキャラクターラインがコントラストを織り成す一方、ベンツ・クーペの伝統の前から後ろまで連続した開口部をもつ開放的なピラーレスサイドウインドウや、繊細なCピラー、大きな曲面を描くリアウインドウなどが、独特の存在感と優美さを強調しています。

先代モデルと比べるとボディーサイズは、全長で75mm、全幅で15ミリ、全高で20mm拡大され、ホイールベースも70mm延長され、見た目に分かるほど大きくなりました。
その結果、室内の居住性はいっそう高まり、トランクルーム容量も40L広くなっています。

続きを読む

2006年11月20日

日産 スカイライン フルモデルチェンジ

日産のスポーツセダン スカイラインが「魅惑・洗練・高性能」を商品コンセプトに、フルモデルチェンジされました。

スカイライン 350GT Type SP

12代目となる新型スカイラインは、躍動感あふれるスポーティなエクステリアと、定評のあるFMパッケージを踏襲しながら、新世代FR-Lプラットフォームを採用し、7500回転まで滑らかに吹き上がるFR車専用の新開発V6エンジンを搭載、吸排気システムやサスペンションなども一新されました。
また、高剛性・低振動ボディの実現により、運転して楽しい走りのよさと、同乗者も快適で安心できる乗り心地を実現しています。

エクステリアは、躍動感あふれるスポーティさを表現するため、V35型スカイラインより全高を20mm下げ、全幅を20mm拡大することで、低くワイドなシェイプに仕上げられました。
そして、4隅に配置した大径タイヤと、後輪に重心のかかった踏ん張り感があるスタンスによって、走りの良さとFR車らしさを表現しています。

続きを読む
posted at 16:01 | TrackBack(1) | 日産

2006年11月07日

スズキ 新型セルボ 発売

セルボ T

Fit On My Style(乗ること、持つことへの心の充足感)をコンセプトに開発されたスズキの新型軽乗用車「セルボ」が、98年10月の軽規格改定で廃止した車名を8年ぶりに復活させ、11月7日から発売されました。

新型セルボは、近年増加傾向にある軽の男性ユーザーや、単なる生活志向の車選びに飽き足らない女性ユーザーをターゲットにしたクルマで、

セルボ TX

スタイリッシュでスポーティー、従来の軽自動車にない力強い存在感と上質感のあるデザイン、走りの快適性、運転する楽しさを感じさせるクルマとしての高い走行性能、日常生活での使いやすさ、利便性を追求した装備やユーティリティーを特徴としています。

エクステリアは、一目で新型「セルボ」と分かる個性的で存在感の強いフロントフェイス、 リヤ回りは立体的かつスポーティーで洗練された印象とし、斬新で存在感の強いデザインになっています。

続きを読む
posted at 20:03 | TrackBack(1) | スズキ

2006年11月01日

ボルボ S80 フルモデルチェンジ 

ボルボのフラッグシップサルーン「ボルボS80シリーズ」が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、4日から全国のボルボ・ディーラーで発売されます。

ボルボ S80 V8 AWD

新型ボルボS80シリーズは北欧のクルマらしく、「スカンジナビアン・ラグジュアリー」をキーワードに、ただ豪族で高価な上辺だけの価値ではなく、優れた機能性に裏打ちされた、無駄のないシンプルかつ上質なスタイリングと世界トップレベルの安全性能に代表される最新のテクノロジーを融合させつつ、自然や環境をはじめ周囲への配慮を忘れない価値観を大切にして開発されました。

全長は先代モデルと同じ4,850mmですが、幅と高さはそれぞれ25mm、45mm大きくなっています。ホイールベースも長くなり、トレッドもさらに拡大しました。
これにより新型S80のプロポーションは先代モデルとは全く異なり、より印象的なスタイルと力強い存在感を醸し出して、モダン・スカンジナビアン・デザインによる新世代のスタイリングになりました。

続きを読む
posted at 19:44 | TrackBack(0) | ボルボ