2006年10月26日

シトロエン C6 新発売

シトロエンの新たなフラッグシップモデルとなる最高級セダン「C6」が、発売されました。

シトロエンC6

C6は1989年に発表された「XM」以来、久しぶりとなるシトロエンの大型サルーンです。シトロエンではC6を新たなフラッグシップに据え、ブランドイメージ向上の牽引役に位置付けるということです。

新型フラッグシップモデルのC6の見どころはなんといっても、往年のシトロエンの名車を髣髴とさせるエクステリアデザインです。

フロントマスクは「C5」や「C4」と同様に、シトロエンのブランドマーク、 “ ダブルシェブロン ” を象ったクロームモールが特徴なワイドなフロントグリルと大型でロー・ポジションのバンパーによって、力強さとプレステージ性を感じさせる洗練されたデザインですが、サイドビューやリヤガラスなどは「SM」や「CX」を思わせる懐かしさのあるデザインに仕上がっています。

続きを読む
posted at 23:52 | TrackBack(0) | シトロエン

2006年10月25日

フォルクスワーゲン 新型カブリオレクーペEos (イオス)

フォルクスワーゲンとしては初の電動リトラクタブルハードトップを持つ全天候型のカブリオレクーペEos (イオス)が、いよいよ10月31日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売されます。

Eos (イオス)

イオスはカブリオレ、クーペ、ガラススライディングルーフの3つの役割をこなすルーフがその最大の特徴です。世界初の5分割式ルーフシステムは、わずか25秒で開閉し、天候や場所に応じてフルオープン、クローズドクーペとして楽しめるほか、チルト機構付ガラススライディングルーフ搭載車としても活躍します。

イオスの特長の第1としても挙げられる電動リトラクタブル(retractable―収納可能)ハードトップは、ハードトップが電動で開閉するだけでなく、クローズ状態で、一般的なサンルーフのようなチルト動作を含む、ガラススライディングルーフとしても使えることです。
オープンかクローズの2つの状態しか選べない既存の電動ルーフを持つオープンボディとは異なっています。

続きを読む

2006年10月23日

トヨタ オーリス 新発売

トヨタの新型5ドアハッチバック「オーリス“AURIS”」が、10月23日から発売されました。

オーリス150X

新型車オーリスは、新型1.8Lと1.5Lの二つのエンジンバリエーションを持ち、日欧統一名称の戦略車として新規開発されました。同じクラスのカローラ店販売車「カローラランクス」とネッツ店の「アレックス」は廃止され、後継車種としてネッツ店の専売車種に切り替えられました。

オ−リスは、コンパクト2ボックス「ヴィッツ」(欧州名=ヤリス)の上位車種と位置付け、「直感性能」をテーマに開発されています。
見た瞬間、走り出した瞬間に、魅力のすべてが実感できる、際立つ個性と優れた走行性能を備えることで、従来のコンパクトカーの概念を超えています。

AURIS(オーリス)とは、英語で「独特の雰囲気」の意味の“AURA”からの造語で、際立った存在感のクルマを意味します。

続きを読む
posted at 14:25 | TrackBack(3) | トヨタ

2006年10月12日

ホンダ CR−V フルモデルチェンジ

ホンダの5人乗りSUV CR-Vが、5年ぶりにフルモデルチェンジされました。

CR-V ZXi(4WD)

3代目となる新型CR-Vは、すでに北米で発売し、欧州でも発表されているモデルで、1995年発売の初代CR-Vから続く「セダンの快適性」、「クロスカントリーの機動性」、「ミニバンのユーティリティ」の融合に加え、デザインと走行性能を進化させ、あらゆる場所や場面で乗る人が気持ちの豊かさを実感できる、“次世代CR-V”をコンセプトとして開発されました。

スタイリング は、ダイナミック・エモーショナル・スタイリングをテーマに、 都会的で洗練されたデザインに改める一方、スペアタイヤを床下に配置し、リアテールゲートを縦開きにすることで、デザイン性と使い勝手を向上したのが特徴です。先代と比べて車幅で35mm、室内長で70mm広がったこともあって、車格は明らかにワンランク、アップした感じがします。

続きを読む
posted at 15:47 | TrackBack(1) | ホンダ

2006年10月11日

トヨタ カローラフィールダー フルモデルチェンジ

長く国民車として親しまれたトヨタのカローラセダンがフルモデルチェンジし、カローラアクシオとして生まれ変わったのを機に、ステーションワゴンカローラフィールダーも全面刷新されました。

カローラフィールダー  S“エアロツアラー”(2WD)

新型カローラフィールダーも、アクシオと同様、コンパクトクラスの域を出た、先進装備が採用されました。
フィールダー特有の装備として、全車に標準装備された、世界初の「ワンタッチ格納リヤシート」が挙げられます。
ワンタッチ格納リヤシートは、ラゲージルームからレバー操作一つで座面が前面にはね上がり、空いたスペースにシートバックがすっぽりと収まるもので、フルフラットにすることができます。
加えて、荷室最大幅も先代と比べて179mm広げており、積載能力を一挙に向上させた感があります。

続きを読む
posted at 00:52 | TrackBack(0) | トヨタ

2006年10月10日

トヨタ カローラ フルモデルチェンジ

トヨタの小型セダンカローラが、専用名称「カローラアクシオ(Axio)」と名付けられ、6年ぶりにフルモデルチェンジされました。

カローラアクシオ ラグゼール(2WD)

40年の歴史をもち、世界140ヶ国以上の国々で販売され、累計販売台数3,000万台を超えるるカローラは、モデルチェンジのたびに、時代を先取りする進化や装備充実により、モータリゼーションを牽引してきました。1966年の初代からから数えて10代目となる新型カローラアクシオは、「新しい尺度でのクルマづくり」をテーマに、コンパクトカーの既成概念にとらわれることなくユーザーのニーズを採り入れ、カローラの資質である、確かな基本性能と上質感を深化させることを目指して開発されました。

続きを読む
posted at 18:28 | TrackBack(4) | トヨタ

2006年10月05日

ダイハツ ムーヴ フルモデルチェンジ

ダイハツの軽乗用車ムーヴが、4年ぶりにフルモデルチェンジされました。

ムーブ X 2WD

今回のフルモデルチェンジでは、プラットフォームからエンジンまで全身一新し、クラスを超えた新しい次元への進化を目指して開発が進められました。

「わたしのかろやかオールマイティ」をコンセプトとした「ムーヴ」と、「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をコンセプトとした 「ムーヴカスタム」の異なった個性の2タイプが設定されました。

ムーブカスタム RS 2WD

新型ムーヴは、従来からの特徴である「ビッグキャビン&コンパクトノーズ」をさらに進化させ、流麗で躍動感あふれるシルエットを実現し、洗練されたスタイリングになっています。
パッケージングは軽最大の室内長と室内幅を実現して、居住空間のゆとりを大幅に高めています。
また、ラウンジ感覚のくつろぎを演出する質感の高いインテリアが採用されています。

続きを読む
posted at 23:12 | TrackBack(0) | ダイハツ