2006年09月19日

レクサス LS460 新発売

レクサスの日本での開業から1年、LEXUSブランドのフラッグシップモデル「LS460」がついに新発売されました。海外で先行するレクサスブランドの「LS」としては4代目となります。

LS460 versionS

LS460は事実上、トヨタ セルシオの後継車、2005年の東京モーターショーで「LF-Sh」の名で出展されたモデルで、プレミアムグレードの中で世界から目標とされるクルマを目指したという野心作モデルです。

新型LS460は、LEXUSブランドの理念である「高級の本質」を追求し、“ときめき”と“やすらぎ”に満ちた時間を提供するために、乗る人の心に響くクルマづくりを念頭に開発されました。内外装デザインをはじめ、エンジン、サスペンション、ボディなど、クルマの基本性能に影響を与えるあらゆるパーツを新設計し、高級の本質を抜本から追求しています。

また事故を起こさないクルマを目指す「統合安全コンセプト」に基づく新開発の安全性能・運転支援システムを搭載しています。

    続きを読む
posted at 16:17 | TrackBack(0) | レクサス

2006年09月13日

三菱 eKワゴン eKスポーツ フルモデルチェンジ

三菱自動車の軽乗用車「eKワゴン」と「eKスポーツ」がフルモデルチェンジされました。eKワゴンは5年ぶり、eKスポーツは4年ぶりの全面改良で、いずれも2代目モデルとなります。

eKワゴン「MS」

2代目eKシリーズは、初代で定評のあった、広々した居住快適性と立体駐車場の利用を両立したパッケージングを受け継ぎつつ、「便利」「安心」「気持ちいい」をキーワードに各部がリファインされています。

eKスポーツ「R」

2代目eKシリーズの主な特徴は、ボンネット型軽乗用車としては初めてとなる「インナーレール式電動スライドドア(eKワゴンの「MS」「GS」に標準装備)」 や車内を手軽にカスタマイズできる「マルチポジションユーティリティ」などの採用で利便性・機能性がさらに向上したことです。

また、eKワゴンは省電力・長寿命のLEDタイプのリヤコンビランプ(軽自動車初)の採用により、機能に裏付けされた先進的なデザインにもなりましたし、
eKスポーツは、スポーティな走りやスタイルを好むユーザー向けとして、ディスチャージヘッドライトとポリカーボネイト製グリルの組み合わせによって、シャープな黒の一文字を際立たせたeKスポーツ専用フロントデザインとなり、「R」専用14インチアルミホイール(「X」は13インチ)、サイド&リヤエアダム、ルーフスポイラーなどとあいまって、タフな走りを予感させる迫力のスタイリングになりました。

続きを読む
posted at 16:04 | TrackBack(0) | 三菱