2006年01月30日

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ

世界100を超える国と地域で販売され、昨年9月に累計販売台数1,000万台を達成したトヨタのセダン カムリが4年ぶりにフルモデルチェンジされました。

カムリ G ディグニスエディション

「ミディアムセダンの新たな世界基準の創造」をテーマに開発された新型カムリは、ダイナミックなスタイルと快適な室内空間を両立させたパッケージ、操る歓びを体感できる車両運動性能、クラストップレベルの安全・環境性能、高級車にふさわしい快適性をもたらす先進装備を特徴とした、トヨタブランドの最高級FFセダンです。

特に最上級のGディグニスエディションには、金属調塗装の上にクローム加飾を施したフロントグリル、専用のサイドエンブレム、本革シート、本革木目調4本スポークステアリング、木目調シフトノブなど、高級感を際立たせる内外装専用装備が採用されています。

続きを読む
posted at 19:01 | TrackBack(0) | トヨタ

2006年01月24日

三菱 i(アイ) 新発売

「リヤ・ミッドシップレイアウト」のユニークな新開発プラットホームを採用した、三菱の新型軽自動車「i(アイ)」が発売されました。

リヤ・ミッドシップレイアウト

軽自動車の新時代を切り拓く革新的なプレミアムスモールを商品コンセプトとして、「デザインと居住性」、「居住性と衝突安全性」という二律背反するテーマを高次元で克服するために、エンジンを車体後部、後輪車軸の前に置く「リヤ・ミッドシップレイアウト」を採用して、軽自動車という限られたスペースにもかかわらず、「未来的で上質なスタイリング」、「軽快なハンドリングと快適な乗り心地」、「全方位からの優れた衝突安全性」という3つの革新を実現しました。

i(アイ)「M」

外観は、「リヤ・ミッドシップレイアウト」を活かした特徴的なワンモーションフォルムを基調に、ボディの四隅に配置した大径(15インチ)タイヤで力強さと安定感を表現し、前後ランプなど各部のシャープな造形とあわせて、斬新で知的ながらも親しみやすいスタイリングになっています。

続きを読む
posted at 15:37 | TrackBack(1) | 三菱

2006年01月20日

スズキ MRワゴン フルモデルチェンジ

MRワゴンT

スズキの軽自動車MRワゴンが約4年ぶりにフルモデルチェンジされ1月30日から発売されます。

2代目となる新型MRワゴンは、子育てと日常の生活を両立させている女性「ママ」のライフスタイルとニーズに応える、ママと子どものためのワゴン「Mom's Personal Wagon」をコンセプトに開発されました。

MRワゴンX

プラットホームやボディが一新され、静粛性や狭い道での取り回し性といった軽自動車に求められる基本性能や安全・環境性能が向上したのに加え、以下のような商品特徴をもつ親子のふれあいを大切にした新しい発想の軽自動車になっています。

ひと目で「新型MRワゴン」と分かるキャラクター性のあるフェイスや木の葉をイメージしたサイドウィンド付近のシャープなラインなどかわいいけど甘すぎない、モダンさと上質さを併せ持つデザイン、

続きを読む
posted at 12:12 | TrackBack(0) | スズキ

2006年01月18日

トヨタ ラッシュ 新発売

ダイハツとトヨタが共同企画した新型コンパクトSUVトヨタ「ラッシュ」が、全国のトヨペット店(大阪地区は大阪トヨタ)を通じて発売されました。(ダイハツからは、「ビーゴ」として発売されます。)

トヨタラッシュG4WD

ダイハツとトヨタの持つ車両企画力を結集した上で、コンパクトなクルマづくりのノウハウを活かしダイハツが開発・生産を担当し、ダイハツからトヨタへOEM供給されます。

新型車は、ベストコンパクトSUVを目指し、「タフ&カジュアル スポーツユーティリティワゴン」をテーマに、SUVの「楽しさ・走破性」とコンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「嬉しさ・機能性」を融合させた新ジャンルカーとして開発されました。主に20・30代の若者をターゲットにしたクルマといえます。

続きを読む
posted at 00:33 | TrackBack(0) | トヨタ

2006年01月17日

ダイハツ ビーゴ 新発売

ダイハツとトヨタが共同企画した新型コンパクトSUV ダイハツ「ビーゴ」が、全国のダイハツ販売会社を通じて発売されました。(トヨタは「ラッシュ」として全国のトヨペット店(大阪地区は大阪トヨタ)を通じて発売されました。)

ダイハツビーゴCX4WD

ダイハツとトヨタの持つ車両企画力を結集した上で、コンパクトなクルマづくりのノウハウを活かしダイハツが開発・生産を担当し、「ラッシュ」は、ダイハツからトヨタへOEM供給されます。

新型車は、ベストコンパクトSUVを目指し、「タフ&カジュアル スポーツユーティリティワゴン」をテーマに、SUVの「楽しさ・走破性」とコンパクト2BOXの「気軽さ・使い勝手」、ワゴンの「嬉しさ・機能性」を融合させた新ジャンルカーとして開発されました。主に20・30代の若者をターゲットにしたクルマといえます。

続きを読む
posted at 12:21 | TrackBack(1) | ダイハツ

2006年01月16日

トヨタ エスティマ フルモデルチェンジ

6年ぶりにフルモデルチェンジされたトヨタのミニバン 3代目エスティマが、全国のトヨタ店とトヨタカローラ店から発売されました。

フロントは、彫りの深いヘッドランプまわり、ダイナミックなキャラクターラインで個性が演出されています。特にアエラスは、専用のエアロバンパーなどにより、よりスポーティな印象が強調されています。

エスティマG エスティマアエラスSパッケージ

7人乗り車は、800mmのロングスライドが可能なセカンドシートと、シート一体型オットマン、サードシートの床下格納とあいまって、ゆったりと足を伸ばすことができる「スーパーリラックススペース」を創出しています。
8人乗り車は、セカンドシートのチップアップとサードシートの床下格納により、フラットで広々としたラゲージスペースを創り出しています。

オーディオは、天井パネルを振動板とする、新構造のスピーカーを採用した「パノラミックスーパーライブサウンドシステム」によって、音場の広がり感が画期的に拡大されました。

その他「ワイドビューフロントモニター」、「サイドモニター」の新しい死角対応装置が採用されたり、「インテリジェントパーキングアシスト」、「レーンキーピングアシスト」などの運転補助装置がミニバンで初めて採用されたりしています。

続きを読む
posted at 23:57 | TrackBack(0) | トヨタ

2006年01月05日

スズキ アルトEU 追加発売

主に女性ユーザーをターゲットにしたスズキの軽自動車アルトに新機種「EU(イーツー)」が追加発売されました。

アルト「EU」

アルト「EU」は、エアコン、パワステ、パワーウィンドやフルホイールキャップを装備し、価格を抑えながらも機能の向上と車種の拡充を図った機種です。

最小回転半径が4.1mと駐車や取り回しがしやすく、
リヤシートを倒さずに、ほとんどの大型ベビーカーが積み込める広いに荷室を確保しています。

また歩行者傷害軽減ボディや頭部衝撃軽減構造インテリア、運転席・助手席SRSエアバックなどを採用して安全性にも配慮しています。

続きを読む
posted at 13:20 | TrackBack(0) | スズキ